トップページ > 過去の公演 > 第11回公演「草と、今はまだ眠る空」

第11回公演「草と、今はまだ眠る空」

脚本と演出/田岡美和

出演/佐野恵子 加藤朝子

2011年5月27日(金)〜29日(日)

東松原ブローダーハウス

脚本の一部をご紹介します。

部屋の中、夕方から夜になるところ。

ちゃぶ台があって、そばで女がひとり、洗濯物をたたんだりまとめたりしている。 あんまりてきぱきした感じはしない。淡々とした感じ。何もしないでじっとしてたり もする。

この女を女1とする。

部屋の隅にはぼろいリュックが置いてある。

そこへ、女2が入ってくる。仕事帰りだろうか、手に鞄。白いレジ袋と、紙飛行機も 持っている。

女1は、女2が入ってくる少し前から、気づいてちょっと構えている。

女1:
お帰りなさいませ、ご主人様☆
女2:
…まだいたのかよ
女1:
えーもうまだだなんてー。明かりついてんだから分るじゃないっすかー
女2:
知らねーよ靴だってないし
女1:
そんな、こっそりいなくなったりしないっすよー
女2:
…ちっ。
女1:
え!今、舌打ちした?!
女2:
ん?ああ、してないしてない、あはは~

 と、言いながら、女2、奥の部屋に行こうとして思い出して、

女2:
あーあー。(そうだった手に持ってた)

ねえ、

女1:
ん?
女2:
これ、さっき飛ばしたでしょ(紙飛行機)
女1:
ん?ふふふふ~ん
女2:
いや、ふふふふ~んじゃなくてさ、
女1:
な、なぜわかったあ…!
女2:
もうさー、ご近所の目もあんだからさー…、
女1:
飛ぶとこ見た?
女2:
見てないよ。
女1:
えー見てないのー?つまんねーー
女2:
…知らねえよ
女1:
えーじゃあ、どこで拾った?
女2:
ん、あの、そこの、角んとこ。
女1:
おお、けっこ飛んだな
女2:
ほらよ。(手を離して女1のところに紙飛行機を落とす)
女1:
いやさー、飛んでるとこ見えたら楽しいかなーと思ったんだよねー。

(持って泳がせながら)飛んでいけ―、私のきぼうー…

女2:
…ふん。

…以下略